第2回勉強会

ニュース

日本メタバース協会による第2回の勉強会が開催されました。

今回は、新たに実施予定の「分科会設立」についての趣旨説明に続き、最初の分科会としてメタバース空間で皆が利用する「ウォレット」や、それに関連するテーマをトピックにした「ウォレット分科会」立ち上げについて、分科会会長に就任していただく当協会の正会員Kort Valutaの柴田代表取締役からお話がありました。

また後半では、同じく正会員であるMAAS株式会社の楊代表取締役から「メタバースにおける海外企業の取り組み」として、現在先進的なメタバース活用が進んでいる中国の上海・深圳での取り組みをご紹介いただきました。最後には、同社で対応しているNFT化の説明もあり、その後、実際に会員同士のビジネスマッチングが始まるケースが出ています。

コメント