ニュース

第8回勉強会 「障がい者アートとメタバース - 現実世界ではできないことを実現できる空間」2022年11月28日

日本メタバース協会による第8回勉強会が開催されました。今回は当協会の代表である大西が、協会と会員等が取り組んでいるメタバース空間におけるアートの展示・販売プロジェクトについて紹介しました。プロジェクトは世界中の人々がアバターとなって集まるメタバース空間においてアート作品を展示・販売し、ブロックチェーンやNFTの技術を用いて、作家に収益還元を行うことを目指しています。勉強会では数々のアート作品の紹介、障がい者アートを取り巻く環境についての日米比較などについて説明があり、すでに準備されているDecentralandにおけるギャラリーの紹介がなされました。実際の障がい者アート作品の展示・販売は2023年3月ごろを予定しています。